chalaza.net

Back to Home




About      日本の戦略(私的提言)     提言の効果と課題 

製造業比率を高める:
わが国がこれまで培ってきた高品質でアート領域に達している省エネ・省資源術は、地球温暖化防止と環境を守る上で欠かせないものです。非正規雇用を削減し、あらたな数百万人の雇用を創りあげる製造業は経済活性化の基本となるばかりでなく、目標を見失いがちな若年層に対する強いインパクトを与え、より安定した社会を築き上げる原動力になります。伝統的な日本企業の従業員教育・訓練は、教育問題を解決する大きな力になります。
課題:
短期キャピタルゲインを追求する株主至上主義(市場原理主義)は、人件費削減圧力から不安定な雇用を生み出しました。米国発金融危機は市場原理主義の誤りを露呈したものです。日本型経営スタイルへの回帰が課題です。
省エネ・省資源技術の国際普及:
経済拡大に必要なエネルギー源と水資源が限界に近づいている、それが地球温暖化・気候変動の基本の問題です。既に米国を凌駕した中国の炭酸ガス排出量、さらにインド、ロシア、ブラジルなどの排出量の加速が予測されています。未熟な生産設備は、炭酸ガスだけでなく環境および人体に有害な物質の排出を伴います。日本の省エネ・省資源技術の世界への普及は、日本経済の健全な発展と同時に地球と人類に対する不可欠な貢献になります。
課題:
普及には、ライセンスや知的財産制度など解決すべき課題がありますが、最大の問題は、採用する側の投資、さらにそれが成長を鈍化させることへの懸念です。地球を守るために日本国民挙げて世界にどうアピールできるか、それが課題です。
研究開発の拠点化:
先進諸国の経済成長に陰りが表れている現在、研究開発を各国各様のやり方を続けることは効率的とは言えません。日本の戦略的な技術分野で日本が拠点となることは長期的な産業発展の根幹であり、教育に明確な目標を与え、学生の理系離れを防ぎます。
課題:
日本に集中することへの抵抗は大きいと考えざるを得ません。日本がリードする分野をさらに強くし、世界の世論が納得する状況をどう作るか、それが課題です。